老後が心配な人はどのくらい? 貯蓄のための対策とは

「この先、何があってもお金の心配はない」と自信をもって断言できる人は、ごく少数なのではないでしょうか。年金や退職金だけで将来の生活が保証されるわけではありません。いま一度、老後の貯蓄に対する意識を引き締めておきましょう!

老後に対する意識調査の結果は?

2018年11月、金融広報中央委員会が「家計の金融行動に関する世論調査 [二人以上世帯調査]」(2018年)の結果を発表しました。それによると、二人以上の世帯で「老後の生活への心配」の質問に「非常に心配している」と回答した人は36.2%、「多少心配である」は43.0%、「それほど心配していない」は19.8%となっています。

続きを読む

「非常に心配である」と「多少心配である」の合計は全体の約8割と、老後に不安を抱えている人が多いことがわかります。

今からできることは早めに着手

そんな老後が不安な状態を改善するには、早いうちから将来に向けて準備をしておくことが大切です。今から貯蓄できる流れの土台を作っておきましょう。

まずは、定期預金・財形貯蓄・iDeCo・NISA・つみたてNISA※などの制度をうまく活用しましょう。「今は金利が低いから」といって口座にお金を貯めないまま過ごしていると、貯蓄をする習慣が身につきません。「お金を増やす」ことより、「お金を貯める」から始めることがポイントです。

※iDeCo、NISA、つみたてNISAについてはこちらも参考してください:『iDeCoとつみたてNISAとNISA、結局どれを選べばいいの?

次に、お金を使う計画を立てましょう。長い人生の間には結婚や出産、マイホームの購入など、大きな出費もあります。そうしたライフイベントを見越して「理想と現実」に向き合い、お金をかけるもの、かけないものの仕分けをするのです。

「欲しいものを買っているうちに、貯金ができなかった」なんてことになっては、老後の不安が大きくなる一方です。出費予定の整理をしておき、残ったお金は預貯金口座でしっかりと貯蓄しておきましょう。

退職金がない場合はどうすればいい?

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。