「子供を成長させる」お小遣いのあげ方

お小遣い制のマイナス面

一方で、マイナス面というか問題点もあります。まず先ほど触れた「お金に対する執着」があります。

子供って、本当にお金が好きですよね。将来、守銭奴になってしまうのではないかと心配してしまうほどです。ただ、それはむしろ人間の本性なので、それを抑圧するよりは正しく教育することが大切かなと思います。

また、「お金は何もしなくても天から降ってくるもの」という誤った理解をしてしまう可能性も挙げられるでしょう。

毎月300円という制約条件に思考が縮こまり、面白みのないサラリーマン体質になってしまうのではないかという心配もあります。私は起業を応援する立場なので、これはちょっと心配です。

芸能人とかイノベーターとか、飛び抜けた天才を育てようと思うと、もしかしたら敢えてお金は使い放題の環境に置くという教育方針もあり得るのかもしれません。

ただ、常識的で計画的な人に育って欲しいと思えば、小遣い制は効果が高いと感じます。ここは、考え方が分かれるところでしょう。

従って、マイナス面はこうなります。

  • お金に汚くなる
  • 何もしなくてもお金が貰えると考えるようになる
  • サラリーマン根性が身に付いてしまう

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
安田 修
  • 安田 修
  • フラスコ代表、㈱シナジーブレイン代表取締役

コミュニティ・プラットフォーム『信用の器 フラスコ』代表。オンラインサロン『人生計画研究会』など多数のコミュニティの立ち上げ、運営に関与。
「誰もが自由で、好奇心あふれる生き方ができる世界を創る」をミッションとして活動。