単身者が老後に向けて必要な貯蓄額とは

【独身女性編】公開データからみた分析と試算

lzf/Shutterstock.com

単身者は老後資金としてどのくらい貯蓄を行っておくべきなのでしょうか。今回は単身世帯の生活費の実態を調査していくことで、特に独身女性が老後に必要な貯蓄金額をみていきたいと思います。また、老後貯蓄に向く方法もご紹介していきます。

独身女性は老後のためにどのくらい貯蓄すれば良いか

独身女性は老後のためにどのくらい貯蓄すれば良いのかを考えていきたいと思います。

まず、老後の生活費の平均額と平均年金支給額を確認してみましょう。

続きを読む

老後に必要な資金は、以下のように定義します。

(老後における毎月の生活費の平均額-平均年金月額支給額)×必要年数=持ち出し金額合計

この「持ち出し金額合計」をもとに、独身女性が老後のために必要な貯蓄金額を算出していきましょう。

  • 投資家デビューしたあなたへ! 脱・投資初心者のための資産形成講座 [PR]

老後の生活費の平均額はいくらか

総務省の「家計調査報告(家計収支編)平成29年」によれば、単身世帯の60歳以上の消費支出は14万8358円となっています。この消費支出を1か月に必要な生活費としておき、老後の生活には約15万円が必要だとしましょう。

生活費には様々なものが含まれますが、家賃などはどう考えればよいのでしょうか。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報ををわかりやすくお届けします。