新年からすぐ始めたい!お得で賢いお金の増やし方(金融知識編)

NISAもiDeCoも財形も節税できる非課税制度を活用したい

Nokuro/Shutterstock.com

年末年始でゆっくりしているという方も多いのではないでしょうか。仕事もオフなのでいろいろ考える時間があるという方も多いのではないでしょうか。年末年始で時間のある時にご自身の資産形成の計画をたててみるというのはいかがでしょうか。

お金の悩みはそれぞれだが、大きくは2つに分かれる

「1年で100万円を貯めたい」や「中長期で老後資金を積み立てておきたい」といった短期から中長期までの貯蓄のお悩みやご希望というのは人によってそれぞれあるのではないでしょうか。

続きを読む

こうした悩みは大きくは2つに分けることができます。

ひとつは、投資の仕方や運用方法が分からないという「知識」の問題。いわゆる金融リテラシーの問題です。

金融リテラシーの問題は知識のはなしなので、勉強していけば解決する話です。勉強量と経験で何とかなる領域といえましょう。

もう一つは、定期的にお金を貯めることができないという行動の問題。

これは、自分でどう行動するかという領域も含まれているので、簡単に解決できない部分もあります。ただ、「給与天引き」など強制的に貯蓄に回すというテクニックを活用することで一部解決ができる問題かもしれません。

今回は2つの悩みについて「金融リテラシー(知識)」を少しでも解決できるようにしてみましょう。

  • 世界時同時に株価暴落中!いまこそ口座開設で株を買う準備を

有効活用できる非課税枠を活用しよう

金融資産といえば、預貯金に始まり、投資信託や株式、債券といった有価証券、また貯蓄性のある保険なども含みます。

皆さんは、金融資産への投資をしながら非課税枠を活用できる制度をご存知でしょうか。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

慶應義塾大学卒業後、国内大手及び外資系大手金融機関に合わせて10年以上勤務し、株式市場を中心にマーケット関連の仕事に従事。その後独立。金融機関では主にアナリストとして企業や産業調査活動に従事。調査内容としてはミクロ・セミマクロが主な分析対象だが、好きなのはマクロ分析。記事で取り扱うテーマはマーケット、企業分析といった株式市場関連の分析や貯蓄といった個人の資産運用(パーソナルファイナンス)を取り扱う。最近は「富の分配」問題や「お金持ち」である富裕層研究にも時間を割いている。その他に興味のある分野はブロックチェーン技術とゲノム(ジーノム)。