子どものために絶対削りたくないお金。2位「教育費」を超えた1位は?

そして、2位、3位は食がらみの回答となりました。産後、オシャレなレストランの敷居が高くなり、単価の安いファミリーレストランやフードコートの快適さを実感している方は少なくないのでは? 外食のハードルが高くなった分、自宅での食事を充実させている方もいらっしゃるかもしれません。

十代後半の子どもを育てている筆者の周りの女性たちは、「子どもが小さいうちは、お金の貯めどき。食費・レジャー費・教育費のピークは子どもが成長してからやってくるよ」と、よくため息をついています。

多くの家庭では、「削るお金」「削れないお金」を上手に分類しているようですが、子どもが小さいうちに「家計の方針」を定め、教育費のピークが訪れる子どもの15歳以降を見据えておきたいものです。

【参考】
ママが節約したい支出・削りたくない支出TOP3発表」(ママリ調べ)
第5回 子どものおけいこ事に関する調査」(アクサダイレクト生命)

北川 和子

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

東京外国語大学卒。商社の営業職、専業主婦を経てライターに。男女の働き方、子育て世代の消費動向、時事・社会問題などに関心がある。