あの「少年ジャンプ」も激減! 発行部数はピーク時の3割未満に

クールジャパンの重要コンテンツは守れるのか?

copy URL

毎年3月17日は「漫画週刊誌の日」

毎年3月17日は「漫画週刊誌の日」です。ご存じでしたか?

これは、1959年(昭和34年)のこの日、日本初の少年向け週刊誌「少年マガジン」と「少年サンデー」が発刊されたことを記念に制定された日です。しかし、あくまで業界団体が主導したものであるため、広く知れ渡っているかは疑問が残ります。それでも、一昔前までは、この日に相応のイベントが行われていたようです。

今から20年以上前に黄金時代を迎えた漫画週刊誌

続きを読む

1980年代後半から1990年代半ばに掛けて、漫画週刊誌は全盛期を迎えました。その当時に発売されていた漫画週刊誌は、少女向けや成人向け(注:アダルト雑誌ではない)を含めると、星の数ほどあったと言ってもいいでしょう。

発売日になると、書店の店頭には漫画週刊誌が山積みとなり、すぐに売り切れとなる状況だったと記憶しています。そして、電車の中では、若者に限らずスーツ姿の会社員が漫画週刊誌を読む光景も珍しくありませんでした。

社会現象にもなった「少年ジャンプ」、人気4誌の中でも際立つ存在に

当時、数多くあった漫画週刊誌の中でも、「少年ジャンプ」(集英社)、「少年マガジン」(講談社)、「少年サンデー」(小学館)、「少年チャンピオン」(秋田書店)の4誌に人気が集まっていました(雑誌の正式名から「週刊」を省略、以下同)。

その中でも特に、最大の発行部数を誇ったのが「少年ジャンプ」であり、その人気は社会現象にまでなったとも言えます。

その「少年ジャンプ」の発行部数の推移を見てみましょう。

「少年ジャンプ」ピーク時の発行部数653万部は“不滅の金字塔”!

「少年ジャンプ」は1968年に創刊されました。その後、当時としては珍しかった読者アンケートを重視する編集方針(評価の低い作品は前倒しで打ち切りなど)や新人作家の積極的起用などにより、着実に人気を高めます。

そして、1994年末発売の1995年3・4合併号では653万部という空前絶後の発行部数を記録しました。念のために言いますが、この653万部は年間の記録ではありません。1号分(3・4合併号)の発行部数です。この記録は当時、ギネスブックにも登録されました(今も残っているかは不明)。

漫画週刊誌の発行部数は壊滅的な激減へ

しかし、この年をピークに発行部数は減り始めます。2年後の1997年には約400万部(毎週の年間平均、以下同)、2003年には約300万部と減り続け、2017年はついに200万部を割り込みました。直近(2017年10~12月、以下同)は約181万部に止まっています。

これは、22年間でピーク時の3割未満(▲70%超の減少)まで減少したことになり、まさしく激減と言っていいでしょう。

「少年マガジン」はピーク時の2割弱、「少年サンデー」は1割強まで激減

発行部数が減少したのは他誌も同じです。「少年マガジン」はピーク時の453万部(1995年)が直近は約84万部へ、「少年サンデー」は同じく約228万部(1983年)が約30万部へ激減しています。また、「少年チャンピオン」に至っては、いつの間にか日本雑誌協会の発行部数公表の対象外となっており、20万部を大きく下回っているのは確実と見られています。

特に最近では「少年サンデー」の落ち込みが著しく、現在では約53万部発行の「ヤングジャンプ」や、約50万部の「ビッグコミックオリジナル」の後塵を拝しているのが現状です。

激減した今でも「少年ジャンプ」は別格的存在

こうして見ると、発行部数がピーク時の3割未満に落ち込んだとはいえ、今でも約180万部を誇る「少年ジャンプ」の存在感は圧倒的に大きいと言えるでしょう。発行部数第2位の「少年マガジン」の2倍以上あるわけですから、“さすが少年ジャンプ!”というところでしょうか。発行部数は減ってもなお、間違いなく、漫画週刊誌の巨人と言えましょう。

漫画週刊誌の発行部数不振の背景には、少子化、ゲーム人気、モバイル普及などの理由が複合的に絡んでいると思われます。また、最後に挙げたモバイル普及に伴う電子版が普及しつつありますが、まだ限定的と見ていいでしょう。さらに、漫画に飽きたという購読者も少なくないかもしれません。

しかし、これは時代の流れだから仕方ないことなのかもしれません。

“クールジャパン”の重要コンテンツを守ることはできるのか

ただ、漫画やアニメなどは、政府が推進する“クールジャパン”を代表する重要コンテンツになっています。

今後、漫画週刊誌の発行部数が再び増えることは考え難い中で、日本の漫画文化をいかに守っていくかが問われましょう。特に将来の人材育成に関して、新人漫画家の新たな活躍の場が求められます。

3月17日の「漫画週刊誌の日」は、このような問題を改めて考える機会になりそうです。

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、大手メディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い運営をしています。また、編集体制としての金融コンテンツ編集者のバックグラウンドは、金融機関勤務経験年数は延べ30年(2021年7月1日現在)で、編集者として日本証券アナリスト協会認定アナリスト(CMA)、第一種外務員(証券外務員一種)、AFPなどの金融プロフェッショナルとしての資格保有者が在籍しています。ネットメディアとしての沿革は、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。