もし家族が認知症になったら〜忘れてはいけない3つのこと

早期診断・早期治療も大事だが・・・

今回の相談のお母さんも多分同じではないかと思います。特に、今まで医者いらずで、元気な人です。いきなり知らない病院に連れて行かれて、血液検査や脳のMRIなどで身体中すみずみまで検査される・・・。

そのうえ初めて会う医者に「あなたは認知症だから早く薬を飲みなさい」と言われて薬を飲まされたら、それこそ絶望的になって、うつ病になってしまうかもしれません。

こういう例は、実はめずらしくありません。医療的な正解はとても大事なことですが、一心不乱にそれだけを考えていると、なにかチグハグなことになってしまいかねないのです。

では、どうするか。まず方針設定ですが、この場合、「進行をできる限り遅らせる」ということはいったん置いておいて、「お母さんが最期まで笑って楽しく暮らせる」というようなイメージを持つとしたらどうでしょう。

そんな漠然とした・・・と思われるかもしれません。ただ、ここを目指すと、結構やることが明確になってくるのです。

「最期まで笑って楽しく暮らせる」ことを目標に

たとえば、先ほど挙げた悪いパターン、絶望してうつ病にまでなるパターンですが、なぜそうなってしまうのでしょうか。

「医療の正解」にこだわるあまり、なにより重要な「ご本人の思い」がないがしろにされてしまったということはないでしょうか。実は、こうして「ご本人の思い」より「医療・介護から見た正解」が優先されてしまうことは、医療の現場、特に高齢者医療や認知症医療では決して少なくないのです。

「本人の思い」に耳を傾ける

これは3つの視点の中でも大切な部分ですので、もう一つ、ほかの事例を見てみましょう。

ある高齢で寝たきりの女性。声帯が炎症を起こし、「気管切開しないと、いつ窒息するかわからない」と耳鼻科の先生から言われました。ご家族・看護師さんは、落胆しながらもその運命を受け止め、心の準備と、気管切開に向けての算段をしていました。

しかし、気管切開という医療技術は、その方の老化の過程を逆回ししてピシャっと元気にしてくれるものではなく、あくまでも空気の通り道を確保するだけの技術です。声を失い、苦痛を伴うこともある、でもそれをすれば救命できる命もある、というものです。

この時、私はご本人に「ノドに穴を開けるのはどう思う?」と尋ねました。すると、その患者さんは、今にも泣きそうになりながら「イヤ」と。「死ぬかもしれないけど・・それでもいいの?」と聞くと「それでもいい」とカタコトながらおっしゃいました。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
森田 洋之

1971年横浜生まれ、一橋大学経済学部卒後、宮崎医科大学医学部へ。内科研修終了後、財政破綻後の北海道夕張市・夕張市立診療所に勤務。同診療所所長を経て妻の実家の九州へ戻る。
2011年、東京大学大学院H-PAC千葉・夕張グループにて夕張市の医療環境変化について研究。2014年、TEDxKagoshima出演。同年、研究論文『夕張市の一人あたり高齢者診療費減少に対する要因分析』(社会保険旬報)発表。2015年、『破綻からの奇蹟〜いま夕張市民から学ぶこと〜』を出版(日本医学ジャーナリスト協会優秀賞受賞)
現在、南日本ヘルスリサーチラボ代表、日本内科学会認定内科医、日本プライマリ・ケア連合学会指導医、鹿児島県参与(地方創生担当)。森田洋之のブログは「note」をご覧ください。