年収1000万超のプレーヤーに頑張ってなっても6月の給与は要注意

昨年頑張った人ほど給与明細を見てたじろぐ梅雨時

これまでサラリーマンとして昇給し続けてきた人にとって6月は要注意の月です。奥様に「あなた、今月手取りが減っているんだけど、これって来月からもそうなの?」と聞かれた方もいるのではないでしょうか。去年頑張った人がえ!?と驚いてしまう、何とも言えない気持ちになるのが6月です。

日本のサラリーマンの手取り収入

年収と手取り収入が違うのはサラリーマンを長く続けた方であればご存知でしょう。

社会人になって間もない読者の方もいると思いますので、一度整理をしておきましょう。

続きを読む

手取り収入とは、一般的に給与から、所得税、住民税、社会保険料などを差し引いた後のものです。

手取りは現在の給与が前提になっているものの、注意すべきは税金にはタイムラグ(時間のずれ)が生じる点です。住民税の新年度は6月です。住民税は、前年の1月から12月までの給与所得をベースとして、様々な所得控除後に税率がかけられ算出されます。したがって、昨年に給与が急に増えた方などは翌年の6月になって給与明細を二度見するという事態が起こりえます。5月と違う手取りになっていることがあるからです。

高所得者層も年収1000万円を少し超えたくらいが良かったという理由

先ほど住民税を取り上げましたが、ここでは所得税について見ていきましょう。

所得税は「課税される所得金額×所得税率-控除額」で計算されます。

課税される所得金額が695万円を超え900万円以下であれば、税率は23%です。しかし、900万円を超え1,800万円以下となると33%に税率が上昇します。この税率の10%アップは大きいと言えるのではないでしょうか。ちなみに課税される所得金額が330万円を超え695万円以下ですと20%です。

話は細かくなりますが、課税される所得といわゆるサラリーマンの年収は別物です。収入金額-給与所得控除-各種所得控除=課税所得となるからです。

たとえば、給与等の収入金額が1,000万円の場合には220万円の給与所得控除があります(平成29年分)。つまり、給与所得が1,000万円の人の年収は約1,200万円程度ということになります(課税所得は各種所得控除によって異なります)。

税金と同様に大きな負担の社会保険料

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者やファッション誌元編集長、業界専門紙の記者出身者、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。