家賃交渉の適切なタイミング

家賃交渉に適したタイミングは、入居時と更新時です。

家賃交渉の適切なタイミング:入居時

家賃値引きの効果が最も大きいのは、入居時です。値引き交渉が多いのもまた入居時。長く空室が続いている部屋や「早く決めたい」と思っている家主には、入居時の交渉が効果的でしょう。

家賃交渉の適切なタイミング:更新時

更新時は、契約内容を見直すチャンスです。毎月、遅れずに家賃を支払っていれば、更新時には、家主との信頼関係も構築できているはず。入居時より人となりを理解してもらっているという点から、交渉がうまくいく可能性も高いと考えられます。

家賃交渉の適切なタイミング:いずれも閑散期がベスト

入居時も居住中も、家賃の値引き交渉は可能です。しかし、いずれも「閑散期」のほうが交渉成功の可能性は高まります。

「閑散期」とは、賃貸物件の入居者が少ない時期のこと。とくに5月から8月は長期休暇や梅雨があり、新生活を始める人も少なく入居者が入りにくいため「家賃を値引きしてでも入居してもらいたい」と考える家主が多いものと推測されます。

逆に、1月〜3月は繁忙期にあたるため、家賃の値引き交渉には適していません。