家賃値引きの正当性を示し、信頼を損なわないような交渉を

家主にとって、値引き交渉は決して歓迎できるものではありません。

だからこそ、家主の納得につながる交渉をする必要があります。

値引き交渉の前提となるのは、家主に「長く住んでもらいたい」と思ってもらうこと。

お互い気持ちよく賃貸借契約を継続できるように交渉を進めることが大切です。

参考資料

亀梨 奈美