厚生年金はみんな月平均でいくら受給してる?

今度は視点を変えて、厚生年金の受給額を確認しましょう。現代のシニアはいくら厚生年金を受給しているのでしょうか。

厚生労働省「令和2年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況」をもとに見ていきます。

厚生年金平均月額

〈全体〉平均年金月額:14万4366円
〈男性〉平均年金月額:16万4742円
〈女性〉平均年金月額:10万3808円
※国民年金の金額を含む

厚生年金月額階級別の老齢年金受給者

出所:厚生労働省「令和2年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況」をもとにLIMO編集部作成

  • 1万円未満:10万511人
  • 1万円以上~2万円未満:1万8955人
  • 2万円以上~3万円未満:6万6662人
  • 3万円以上~4万円未満:11万9711人
  • 4万円以上~5万円未満:12万5655人
  • 5万円以上~6万円未満:17万627人
  • 6万円以上~7万円未満:40万1175人
  • 7万円以上~8万円未満:69万4015人
  • 8万円以上~9万円未満:93万4792人
  • 9万円以上~10万円未満:112万5260人
  • 10万円以上~11万円未満:111万9158人
  • 11万円以上~12万円未満:101万8423人
  • 12万円以上~13万円未満:92万6094人
  • 13万円以上~14万円未満:89万7027人
  • 14万円以上~15万円未満:91万3347人
  • 15万円以上~16万円未満:94万5950人
  • 16万円以上~17万円未満:99万4107人
  • 17万円以上~18万円未満:102万4472人
  • 18万円以上~19万円未満:99万4193人
  • 19万円以上~20万円未満:91万6505人
  • 20万円以上~21万円未満:78万1979人
  • 21万円以上~22万円未満:60万7141人
  • 22万円以上~23万円未満:42万5171人
  • 23万円以上~24万円未満:28万9599人
  • 24万円以上~25万円未満:19万4014人
  • 25万円以上~26万円未満:12万3614人
  • 26万円以上~27万円未満:7万6292人
  • 27万円以上~28万円未満:4万5063人
  • 28万円以上~29万円未満:2万2949人
  • 29万円以上~30万円未満:1万951人
  • 30万円以上~:1万6721人

今のシニア世代の受給額は平均で月14万円台。男性は16万円台、女性は10万円台です。

公務員の年金制度は2015年に厚生年金へ統合されていますが、旧制度に加入していた分は支給されているため、いまだ公務員との格差を感じる方は少なくないでしょう。

公務員も会社員も考えたい老後のお金

厚生年金へ統合されたものの、それまで払っていた分や新たな年金払い退職給付もあり、まだまだ公務員がうらやましいと感じる方は多いでしょう。

とはいえ、政府は官民格差の是正を目指しています。実際に公務員の年金制度が厚生年金に統合されたように、今後は格差がますます埋まっていくでしょう。

「公務員と会社員の違い」ではなく、個人間格差が重要になると予想できます。

また、令和4年度の年金受給額が0.4%減額されたように、少子高齢化や賃金低下が続く日本では、年金水準がどんどん減ってしまう可能性も十分考えられます。

誰にとっても「老後のお金」は課題が山積です。働き方で安心するのではなく、しっかりライフプランを練ってみましょう。

数十年スパンの長期計画を立てることで、必ず課題が見つかるものです。まずはしっかり向き合ってみましょう。

参考資料