部長になる人、課長どまりの人の違いとは?

一番必要なのは「あれ」だった!?

まもなく4月。この時期、異動や昇格が発表されるという企業も多いと思います。先日、ある大手企業の部長とお会いした際、興味深いお話を伺うことができました。部長になる人、課長どまりの人では仕事の出来不出来だけではあらわせない違いがあるというのです。

会社経営を航海にたとえると、部長の役割とは?

――部長になれる人とはどのような人なのでしょうか。実際に部長を務める立場としていかがですか。

「部長になる人は『船の航海を助けられる人』ですね。航海とは『会社の経営』です。部長は船が間違った方向に進まないように、きちんと目的地に着くように、さまざまな場面・役割で、船長=社長を助ける立場だと思います」

続きを読む

――では、課長どまりの人とは、どのような人ですか。

「一言で言うと『全体感』のない人でしょうか」

――「全体感」とは、視野が狭いということでしょうか? 先ほどの船の操縦でたとえると、船の行く先が見えないというか。

「そうですね、どちらかというと『見ない』ですね」

――見えない、ではなくて「見ない」?

「ええ。もちろん外的要因で視界不良になるときもありますよ。でも、そうではなくて、課長どまりの人は『見ようとしない』。プレーに没頭してしまう、とかですね。

ニュースレター

PR

LIMO編集部

LIMO編集部は、国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーを中心に構成されています。金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報ををわかりやすくお届けします。