「おひとりさま」という言葉が流行りだしてから、数年が経ちます。今では、結婚をせずにひとりで人生を満喫する方も増えてきましたよね。また、離婚をしてひとりで生きていくと決められた方もいらっしゃるでしょう。

おひとりさま生活は、基本的に何をするにしても自分で決めて行動するもの。旅行や趣味であれば楽しみも多いですが、「おひとさまの老後」になると不安やプレッシャーを感じている方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、40~50代のおひとりさまがどのくらいの貯蓄を保有しているのかを見ていきながら、おひとりさまの老後について考えていきたいと思います。

続きを読む

【関連記事】未婚・離婚別!「おひとりさま女性」年金の受給額と現役時代の経歴

40~50代、おひとりさまの貯蓄額は?

はじめに40代と50代の貯蓄額を、金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査(令和2年)」をもとに見ていきます。

40歳代・単身世帯の貯蓄額(金融資産を保有していない世帯を含む)

  • 金融資産非保有:35.5%
  • 200万円未満:21.1%
  • 200~400万円未満:7.9%
  • 400~700万円未満:8.2%
  • 700~1000万円未満:4.3%
  • 1000~1500万円未満:5.5%
  • 1500~2000万円未満:3.6%
  • 2000~3000万円未満:2.5%
  • 3000万円以上:5.7%
  • 無回答:5.7%

平均値:666万円 中央値:40万円

平均値とは、一部の極端に大きな数値に引っ張られ実態より数値が大きくなりがちです。一方、中央値とは数値を小さい順に並べてちょうど真ん中にくる数値を指すため、より実態に近いと言えるでしょう。

50歳代・単身世帯の貯蓄額(金融資産を保有していない世帯を含む)

  • 金融資産非保有:41.0%
  • 200万円未満:15.2%
  • 200~400万円未満:6.8%
  • 400~700万円未満:8.1%
  • 700~1000万円未満:5.6%
  • 1000~1500万円未満:5.3%
  • 1500~2000万円未満:3.0%
  • 2000~3000万円未満:4.3%
  • 3000万円以上:7.6%
  • 無回答:3.0%

平均値:924万円 中央値:30万円

40~50代とも、平均値で見るときちんと貯蓄をしているように見えます。しかし貯蓄額別で見ると、「金融資産非保有」と答えた方が約3~4割と一番大きくなっています。

両世代で1000万円以上の貯蓄を保有している人の割合は、約2割。20~30代のときから貯蓄をしてきたか、してこなかったかの差が、40~50代であらわれている部分もあるでしょう。