かわいくて甘酸っぱい実がなることで、家庭菜園でも人気のイチゴ。

おいしく育てるには少しコツが必要ですが、ポイントを押さえれば初心者でも大丈夫です。

イチゴ栽培にチャレンジするなら、実が大きくおいしく育ちやすい秋植えがおすすめ。今回は、初心者でもおいしく育てられるイチゴの育て方、栽培の基本やイチゴが甘くなるコツについて解説します。

【関連記事】今が植えどき!イチゴの育て方、プランター栽培で来年収穫できる

イチゴの種類

続きを読む

イチゴには大きく分けて、四季なり品種と一季なり品種があります。

拡大する

四季なりイチゴの花(LIMO編集部)

四季成りと一季なりの違いは収穫時期の違いです。一季なりは旬の時期(5~6月)に収穫できるイチゴです。四季なりのイチゴは寒い時期以外は年中花が咲き、おもに初夏から初冬まで長く収穫できるのが特徴です。

四季なりイチゴを上手に育てるには、知識と経験、手間が必要で難易度も高め。初めてを育てる人には、いちごの旬に実が収穫できる一季なり品種をおすすめします。