みなさんがイメージする「老後生活のスタート」は何歳でしょうか。

定年退職、初孫の誕生といったライフイベントと同時に老後が始まる方も多いかもしれません。あるいは、公的年金の一般的な受給開始時期である65歳を区切りとする方もいるでしょう。

自由な時間が増えることは老後の楽しみの一つですね。そこで気になるのはやはり「お金」のこと。そこ今回は、年金生活を送る65歳以上・無職世帯のひと月の家計を、「シングル世帯」と「夫婦世帯」に分けて見ていきます。

続きを読む

【関連記事】厚生年金「ひと月25万円以上」受給する人の割合

65歳以上「シングル」無職世帯のお金事情

総務省統計局の「家計調査年報(家計収支編)2020年(令和2年)家計の概要」から、65歳以上・無職世帯のひと月の家計収支の平均値をみてみましょう。まずは単身世帯=「シングル世帯」の家計事情から。

65歳以上・無職「単身世帯」の収入

  • 社会保障給付(公的年金など):12万1942円
  • 仕送り金:1034円
  • その他:1万3988円

■■収入合計:13万6964円■■

65歳以上・無職「単身世帯」の支出

■消費支出:13万3146円

  •  食費:3万6581円
  •  住居:1万2392円
  •  光熱・水道:1万2957円
  •  家具・家事用品:5328円
  •  被服及び履物:3181円
  •  保健医療:8246円
  •  交通・通信:1万2002円
  •  教育:0円
  •  教養娯楽:1万2910円
  •  その他の消費支出(交際費や諸雑費など):2万9549円

■非消費支出(税金や社会保険料):1万1541円

■■支出合計:14万4687円■■

では、65歳以上・無職世帯のうち、夫婦世帯の家計収支についても見ていきます。