まずは年金額の確認を

ここまで、厚生年金と国民年金の受給額をみてきました。

男女問わずして、いざ年金を受取るタイミングで「こんなはずじゃなかったのに…」とならないように、ねんきん定期便やねんきんネットなどを活用し、「今から」年金額を確認することをおすすめします。

公的な年金だけに頼らず、自助努力で「今から」準備できれば、安心してセカンドライフを迎えることができるでしょう。

ただ、銀行などの預貯金だけでは、どれだけ時間があっても、効率よくお金を増やしていくことは難しい時代となっています。

そこで皆さんに検討いただきたいこと。それは、お金にも働いてもらう=資産運用を活用してみることです。

資産運用には「長期・分散・積立」という3つのキーワードがあります。

貯蓄とは異なり、資産運用には元本保証はありません。そのため、集中的に投資をするのではなく、リスクを分散しながら積立を長期間で行えるかどうかがカギを握ります。

つまり、時間を味方にできれば、資産運用の結果も期待できる可能性が高まるといえるかもしれませんね。

老後のお金は自分でつくる

金融商品や資産運用には様々なものがあります。また、効率よくお金を育てていくためには、その中からご自身に合うものを見極める目が必要となるでしょう。

投資初心者の方の場合は、まずは情報収集からスタートしてみましょう。リスクやメリットをしっかり理解したうえで、資産運用のはじめの一歩を踏み出せるとよいですね。

自由気ままな退職後のセカンドライフを過ごすために、「お金の育て方」を見つけていきませんか?

関連記事

参考資料