国民年金(基礎年金)はどれくらいもらえるのか?

まずは「国民年金(基礎年金)」の受給額から見ていきましょう。

厚生労働省年金局が公表する「令和元年度 厚生年金保険・国民年金事業年報」によると、男女別の受給権者数は以下の通りです。

国民年金平均年金月額(男女計):5万5946円

それでは、男女別に受給額事情を見ていきます。

国民年金(基礎年金)男女別の受給額事情

拡大する

男女差はさほどないです。

国民年金 男女別年金月額階級別老齢年金受給権者数

〈男子〉平均年金月額:5万8866円

~1万円未満:1万2693人・1万円~2万円未満:6万803人・2万円~3万円未満:22万1983人
3万円~4万円未満:70万6206人・4万円~5万円未満:134万5582人・5万円~6万円未満:312万4529人
6万円~7万円未満:849万4551人・7万円以上:38万1323人

〈女子〉平均年金月額:5万3699円

~1万円未満:6万6247人・1万円~2万円未満:24万4695人・2万円~3万円未満:74万63人
3万円~4万円未満:226万4161人・4万円~5万円未満:336万406人・5万円~6万円未満:454万1337人
6万円~7万円未満:598万7227人・7万円以上:144万306人

国民年金については、男女問わず受給額の平均や傾向に大きな差はありません。これは、年金制度のしくみで前述したとおり、40年間すべて保険料を納付すれば受け取れる「満額」から、納付期間が足りないぶんを差し引く計算方式をとっているためです。