国民年金&厚生年金「8つの受給パターン」標準世帯の月額比較 ~夫婦・おひとりさま、それぞれいくら?~

dencg/shutterstock.com

copy URL

長かった緊急事態宣言も解除されました。まだまだ不安はある中でも、少しずつコロナ前の生活に向けて動き出しているように感じているのは、おそらく私だけではないと思います。

外出の機会が増えてくると、一時期コロナ禍で抑えられていた支出(交際費や服飾費など)が「増えそう(元に戻りそう)」と、ふところ事情が気になるという方も多いかもしれませんね。

実はふところ事情が確実に変化するタイミングは、将来誰しもにやってきます。皆さんはそのタイミングを既に意識していますか?

続きを読む

それが、老後にやってくる年金生活です。仕事をリタイアした後は、公的年金が主な収入となる、という方が大半ではないかと思います。

私は以前、生命保険会社に勤務し、数多くのお客さまからお金のご相談を受けてきました。その経験もふまえ、今のシニア世代の受給額事情を参考に、さまざまなケースでの年金受給額例を比較していきます。

年金制度のしくみ

本題に入る前に、まずは年金制度の仕組みをおさらいしておきましょう。

年金制度を復習!

拡大する

1階部分は「国民年金」、2階部分が「厚生年金」

国民年金(基礎年金)は、日本国内に住むすべての20歳から60歳の人を加入対象としています。

年金保険料は定額制(保険料額=基本額1万7000円×保険料改定率)をとっており、20歳から60歳の40年間すべて保険料を納付すれば「満額」(78万900円×改定率)が受け取れます。納付期間が足りない場合はその割合を満額から差し引く計算方式をとっています。

一方、厚生年金は国民年金に上乗せする形で報酬比例の年金を支給する制度です。

そのため、勤務先にそもそも厚生年金の制度があるのか、どれだけの期間勤務しているか、毎月の報酬月額はいくらか、などが受給額に大きく影響する仕組みとなっています。

上記のことから、日本の年金制度は「2階建て構造」などと呼ばれています。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
吉田 奈都子

大阪体育大学卒。中学~大学とサッカー部に所属。社会人女子ラグビー経験もあり、日本代表候補選出歴のあるスポーツウーマン。引退後は日本生命保険相互会社にて、保険商品の提案業務など金融営業経験を積み、採用・育成担当としても一度に約100名の指導経験をもつ。前職のゴンチャジャパンでは新規店舗の立ち上げに携わるなど、フットワークの軽さが持ち味。現在は個人向け資産運用会社にて、マネーに関するコンサルティング業務を行っている。AFP(Affiliated Financial Planner)