【離婚とお金】失敗・後悔しないために知っておきたい3つのこと

Kaspars Grinvalds/Shutterstock.com

copy URL

他人同士が婚姻届けによって夫婦となる結婚。暮らしていく中で生じる意見や価値観の違いから、離婚を考えたことがあるという人も少なくないでしょう。

女性の方からのお金のカウンセリングで意外と多いのが「いつか離婚しようと思っているけれど、今から何をしておけばいいのか」――いわゆるリコカツについてです。

ただ、勢いでできる結婚と違い、離婚はしっかり準備しておかないと思いがけないお金の苦労をするはめに陥ることもあります。離婚で失敗しないために知っておきたいことを3つ紹介します。

続きを読む

1. 養育費をもらっている母子世帯は24.3%

厚生労働省の「平成28年度全国ひとり親世帯等調査結果報告」によると、離婚した父親から「養育費を現在も受けている」母子世帯の割合は24.3%、約4分の1にとどまります。また、過半数の56%が「養育費を受けたことがない」という結果になっています(総数:1817)。

一方、離婚した母親から「養育費を現在も受けている」父子世帯の割合は3.2%、「養育費を受けたことがない」は86.0%でした(総数:308)。

ちなみに、この調査は5年に一度行われ、最新調査は今年2021年に実施されることになっていますが、コロナ禍の影響でどのような結果になっているか注目したいところです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
稲村 優貴子

大手損害保険会社に事務職で入社後、お客様に直接会って人生にかかわるお金のサポートをする仕事がしたいとの想いから2002年にFP資格を取得し独立。現在FP For You代表として相談・講演・執筆活動を行っている。日経ウーマン、北海道新聞などへの記事提供、テレビへの取材協力など各メディアでも活躍中。著書『年収の2割が勝手に貯まる家計整え術』河出書房新社。趣味は、旅行・ホットヨガ・食べ歩き・お得情報収集。CFP(Certified Financial Planner🄬)、心理カウンセラー、野菜ソムリエ、ヨガインストラクター(RYT200)の資格を保有。