定年後も働く?60代以上「働く世帯」と「無職世帯」の貯蓄を比較

Daria Photostock/shutterstock.com

copy URL

多くの人が悩む、定年後も働き続けるかどうか。最近では60代で働き続ける人も増えていますよね。

「早く仕事を辞めてゆっくり過ごしたい」「趣味や旅行を楽しみたい」人から、「仕事を辞めてもすることがない」「老後資金のために元気なうちは働き続けたい」「仕事にやりがいがある」人まで、セカンドライフの仕事に思うことはさまざま。

実際に60歳を超えても働き続ける人の割合はどれくらいでしょうか。「働く世帯」と「無職世帯」の貯蓄や、60代以上で働いている人の労働時間や賃金などをみていきましょう。

続きを読む

60代以上、「働く世帯」と「無職世帯」その割合は?

まずは総務省統計局の家計調査 貯蓄・負債編―二人以上の世帯―(2020年)」の第8-10表から、「働く世帯」と「無職世帯」の世帯数分布(1万分比)を確認していきましょう。

※ここでは「60歳以上の者がいる世帯」を1万世帯と定義します。

世帯主が60歳以上:9168世帯

<内訳>

  • 無職世帯:5775世帯
  • 無職世帯を除く勤労者以外の世帯:1220世帯
  • 勤労者世帯:2173世帯

世帯主が65歳以上:7446世帯

<内訳>

  • 無職世帯:5473世帯
  • 無職世帯を除く勤労者以外の世帯:947世帯
  • 勤労者世帯:1026世帯

世帯主が70歳以上:5469世帯

<内訳>

  • 無職世帯:4405世帯
  • 有業世帯:1064世帯

世帯主が75歳以上:3220世帯

<内訳>

  • 無職世帯:2838世帯
  • 有業世帯:382世帯

上記のデータを元に、世帯主の年齢別の無職世帯の割合を出します。

  • 世帯主が60歳以上の世帯:63.0%
  • 世帯主が65歳以上の世帯:73.5%
  • 世帯主が70歳以上の世帯:80.5%
  • 世帯主が75歳以上の世帯:88.1%

※小数点2桁以下は四捨五入。

60歳以上で見れば無職世帯は約6割強と半分以上ではありますが、そこまで多くない印象です。しかし65歳以上になると無職世帯は約7割、70歳以上では約8割と多くを占めるようになります。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
宮野 茉莉子

東京女子大学哲学科卒。大学卒業後、野村證券に入社。支店にてファイナンシャル・コンサルティング課に配属され、個人顧客向けに資産運用のアドバイスや金融商品の提案を行う。2011年に独立し、ライターおよびコラムニストとして活動。主な執筆分野は育児、教育、暮らしのお金、ライフハック、女性の社会問題、哲学など。現在はLIMO編集部にて、金融、経済、産業をテーマに執筆中。子どもから大人まで「自分の頭で考える」哲学の面白みも伝えるべく活動中。禅好きの3児の母。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。証券外務員一種保有。