共働きか、片働きか。国民年金・厚生年金はいくら変わる?

PR Image Factory/shutterstock.com

copy URL

独立行政法人労働政策研究・研修機構の「早わかり グラフでみる長期労働統計」の「図12専業主婦世帯と共働き世帯」によると、2020年の共働き世帯は約1240万世帯、専業主婦世帯は約571万世帯。

1980年には専業主婦世帯が約1100万世帯、共働き世帯が約600万世帯でしたが、1990年代に反転し、今では共働き世帯が主流となっています。

周囲を見ると子どもが小さい頃は専業主婦で、入園・入学をするとパートなどをはじめる女性が多いようです。一方で退職せずに育休をとって復帰したり、子どもが生まれてすぐにフリーランスで仕事を始めたりという方も増えており、女性の働き方もさまざまです。

続きを読む

共働きか、片働きかで異なるのは、日々の生活や収入、貯蓄、将来の年金など。中でも今回は「年金」に視点をあてて、現段階の年金で共働き・片働きではいくら違うのか、その差をながめたいと思います。

まずはおさらい!国民年金と厚生年金の違いは?

まずは国民年金と厚生年金の違いを確認しましょう。

日本の年金は2階建てといわれています。1階部分は「国民年金」。20歳以上なら基本的に誰もが加入します。上乗せされる2階部分が「厚生年金」。厚生年金は会社員や公務員、またパートでも会社の規模によっては一定条件を満たせば加入できます。

自営業やフリーランス、専業主婦の方は国民年金のみです。では実際に今のシニア世代はいくら貰っているのかを見てみましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
宮野 茉莉子

東京女子大学哲学科卒。大学卒業後、野村證券に入社。支店にてファイナンシャル・コンサルティング課に配属され、個人顧客向けに資産運用のアドバイスや金融商品の提案を行う。2011年に独立し、ライターおよびコラムニストとして活動。主な執筆分野は育児、教育、暮らしのお金、ライフハック、女性の社会問題、哲学など。現在はLIMO編集部にて、金融、経済、産業をテーマに執筆中。子どもから大人まで「自分の頭で考える」哲学の面白みも伝えるべく活動中。禅好きの3児の母。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。証券外務員一種保有。