定年前の50代世帯「貯蓄と負債、みんなの平均」

~老後のお金、どう準備する?~

anntavi/shutterstock.com

copy URL

「人生100年時代」が近づくいま。50代といえば、人生の折り返し地点ともいえる時期ですね。

定年退職を目前に控え、老後をどのように過ごすか考え始める方も多いのではないでしょうか。

そこで多くの方が気になるのは老後の生活費でしょう。今持っている貯金だけで大丈夫なのか、少し心配になりますよね。

私は以前、証券会社に勤務しており、多くのお客様からセカンドライフのお金に関するご相談を受けてまいりました。

今回はその経験をふまえ、老後資金はいくらの貯金があれば安心なのか、50代の貯蓄事情などにも触れながら確認していきたいと思います。

続きを読む

定年前に確認、老後資金はいくら必要か

突然ですが、2019年に話題となった「老後2000万円問題」を覚えていらっしゃいますか。

「標準的なシニア夫婦世帯が老後を30年を送るためには、公的年金以外に2000万円が必要となる」という内容で世間の注目を集めましたね。

実はその中に、今回テーマのヒントが隠されているのです。まずは、なぜ「老後2000万円」なのかを紐解いていきましょう。

金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書「高齢社会における資産形成・管理」に、この「2000万円」の算出根拠として、モデルケース世帯のひと月の収支を試算した結果が示されています。

高齢夫婦無職世帯

(夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯)

実収入(主に年金):20万9198円
実支出(主に食費):26万3718円
毎月の収支:マイナス5万4520円

このモデルケース世帯の場合、毎月約5万5000円の赤字となります。老後が30年続くと仮定すると……

5万5000円×12カ月×30年=1980万円(≒2000万円)

 

となりますね。これが、「2000万円」という金額の理由です。

資料内で支出の内訳を確認しても、特に贅沢をしているわけではない模様。これは、いささかショッキングな結果ですよね。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
宮内 勇資

専修大学商学部卒業後、水戸証券株式会社に入社。リテール営業に従事し、入社後より卓越した成績を残す。受賞歴多数。国内外株式、投資信託、債券などが得意分野。キャリアの途中からは人材育成にも携わり、主に若手社員の能力向上に大きく貢献した。現在は金融IT企業で個人向け資産運用のコンサルティング業務を行う。ヒアリングを重視したコンサルティングに定評がある。AFP(Affiliated Financial Planner)、一種外務員資格(証券外務員一種)を保有。