国民年金・厚生年金「みんな、いくらもらっているか」

copy URL

資産形成「たった3つのポイント」

ポイント① 複利

複利とは、運用から得たリターンを手元に受取らず、それも含めて再投資を続けていく方法です。これが、雪だるま式に資産を増やしていくことにつながります。

ポイント② 世界に目を向ける

現在、日本の預金金利は非常に低い状態が続いています。たとえば、銀行などに1000万円預けても、1年で数百円単位の利息しかつかない、「超低金利時代」です。

しかし、世界に目を向けると、今も成長し続けている国がたくさんあります。みなさんのお金を賢く成長させるために、世界に目を向けることが大切です。

そこで、成長が期待できる国や地域に投資している投資信託や株式に着目してみるのもよいでしょう。

ポイント③ 「もしものとき」を考える

実は、最後のこれが何よりも大切なのです。継続なしに「複利」も「成長」も期待できません。

ケガや病気、ご自身のライフイベントで、これまでの資産を取り崩す必要に迫られる。そんなことになってしまっては元も子もないですよね。

そんなリスクを避けるために、もしものときの保険をかけておくことが大切です。

以上、3つのポイントを踏まえ、老後資金の準備を「今から」スタートされてみてはいかがでしょうか。

彩りある、ゆたかな人生のために

それぞれが思い描く人生。せっかくならば、安心して楽しくセカンドライフを過ごしていきたいですよね。

老後の準備資金について考える際、信頼できるお金のアドバイザーの助けを借りるのも一つの手でしょう。

みなさんの人生がさらに彩りある豊かな人生になるかもしれません。

つみたてNISA100%活用術 無料オンラインセミナー

参考資料

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
宮内 勇資

専修大学商学部卒業後、水戸証券株式会社に入社。リテール営業に従事し、入社後より卓越した成績を残す。受賞歴多数。国内外株式、投資信託、債券などが得意分野。キャリアの途中からは人材育成にも携わり、主に若手社員の能力向上に大きく貢献した。現在は金融IT企業で個人向け資産運用のコンサルティング業務を行う。ヒアリングを重視したコンサルティングに定評がある。AFP(Affiliated Financial Planner)、一種外務員資格(証券外務員一種)を保有。