国民年金&厚生年金「みんなの受給額はどのくらいか」

Jeysent/shutterstock.com

働き盛りのみなさんは、自分が将来受け取れる年金がどのくらいか、ご存じでしょうか。

毎年誕生月に郵送されてくる「ねんきん定期便」では、50歳以降「60歳まで、現在と同じ条件で働き続けた場合」に支給される年金の見込み額が記載されるようになります。

若いみなさんの中には「年金生活なんてそんな先のこと言われてもピンとこないなぁ…」と感じた方もいらっしゃるでしょう。

人生100年時代が近づくこんにち、私たちの老後生活は予想以上に長いものになるかもしれません。

続きを読む

「将来自分はどのくらい年金をもらえそうか」

長期的なマネープランを意識するうえで、ぜひその目安だけでも把握しておきたいところですね。

そこで今回は、最新の厚生年金と国民年金支給額を比較しながら、老後にもらえる金額の目安を見ていきたいと思います。

厚生年金の受給額、みんなはどのくらい?

はじめに会社員として民間企業で働いた人が厚生年金をいくらもらっているのか、確認してみましょう。

厚生労働省年金局公表の「令和元年度厚生年金保険・国民年金事業の概況(令和2年12月)」よると、厚生年金の月額階級別受給権者数は以下のとおりです。

厚生年金・男性

  •     ~5万円未満:15万977人
  •     5万円~10万円未満:97万6724人
  •     10万円~15万円未満:261万3866人
  •     15万円~20万円未満:436万9884人
  •     20万円~25万円未満:224万9128人
  •     25万円~30万円未満:28万8776人
  •     30万円以上:1万7626人

厚生年金・女性

  •     ~5万円未満:31万5100人
  •     5万円~10万円未満:234万1321人
  •     10万円~15万円未満:218万2510人
  •     15万円~20万円未満:41万2963人
  •     20万円~25万円未満:6万3539人
  •     25万円~30万円未満:4166人
  •     30万円以上:379人

厚生年金の平均年金月額は全体で14万4268円、うち男性が16万4770円、女性が10万3159円です。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。