「老後2000万円問題」が「55万円問題」に!?

~最新版「シニア無職世帯」のお金事情~

copy URL

最新版では「老後55万円問題」に!?

では、最新版である「家計調査」の結果についても見ていきます。

高齢者無職世帯(夫65歳以上,妻60歳以上の夫婦)の世帯家計収支

食費:6万6131円
住居:1万4224円
光熱・水道:1万9810円
家具・家事用品:1万453円
被服及び履物:4789円
保健医療:1万6158円
交通・通信:2万8475円
教育:4円
教養・娯楽:2万155円
その他の消費支出:4万7149円
・諸雑費:1万9727円
・こづかい(使途不明):6228円
・交際費:1万9780円
・仕送り金:1414円
非消費支出:3万1957円

実支出…25万9304円
実収入…25万7763円

ひと月の赤字…1541円

なお、2020年は2017年と比較して支出が4414円減、収入が約4万8565円増で、家計の赤字は月1541万円まで縮小しています。

これを老後2000万円問題の計算と同様に単純計算すると、

1541円×12カ月×30年=55万4760円

となります。この数字だけをみると、「老後2000万円問題」から、たったの「55万円問題」に変わっていることになります。

55万円程度でしたら、慌てて老後資金を準備する必要もなりそうなところですが…。

では、本当に老後2000万円が解決したといえるのでしょうか。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

栄養士として病院や保育園に勤務した後、フリーのWEBライターとして独立。2級ファイナンシャル・プランニング技能士(FP2級)を独学で取得しており、主に金融ジャンルの記事を執筆しています。お金に関する知識や生活に役立つ情報を分かりやすく発信していきます。