「老後2000万円問題」が「55万円問題」に!?

~最新版「シニア無職世帯」のお金事情~

Holmes Su/shutterstock.com

copy URL

2019年に話題となった「老後2000万円問題」。各メディアで大きく報道され、多くの人の不安を呼ぶ結果となりました。

この根拠となったのは、家計の収入や支出を把握する目的で行われている「家計調査」の2017年のデータです。高齢者世帯の赤字が月約5万円であることから、老後に約2000万円が不足するという計算結果が導きだされました。

実は2020年の同様の調査では赤字額がわずか1000円台になり、「老後2000万円問題」から「老後55万円問題」ともいえる状態となっているのです。

続きを読む

一見「老後2000万円問題」は解決したかのようにも見えますが……、その真実はいかに。

この記事では、最新の家計調査のデータを見ながら、老後2000万円問題について考えていきます。

なぜ老後「2000万円」問題、なのか

冒頭でも軽く触れましたが、老後2000万円問題とは何なのか、どのような根拠で数字が導きだされたのか見ていきましょう。

老後2000万円問題の発端となったのは、金融庁の金融審議会がまとめた報告書です。この報告書の内容は、「毎月の不足額の平均は約5万円であり、老後20~30年の人生があるとすれば、不足額の総額は単純計算で1300~2000万円になる」というものでした。

この「毎月の不足額の平均は約5万円である」という根拠は、2017年の「家計調査」における、夫65歳以上、妻60歳以上の高齢夫婦世帯の家計収支がもとになっています。

この家計収支を詳しく見ると以下の通りです。

高齢者無職世帯(夫65歳以上,妻60歳以上の夫婦)の世帯家計収支

食費:6万4444円
住居費:1万3656円
光熱・水道費:1万9267円
家具・家事用品:9405円
被服及び履物:6497円
保健医療:1万5512円
交通・通信:2万7576円
教育:15円
教養娯楽:2万5077円
その他の消費支出:5万4028円
・諸雑費:1万9432円
・こづかい(使途不明):6097円
・交際費:2万7388円
・仕送り金:1111円
非消費支出2万8240円

実支出…26万3718円
実収入…20万9198円

ひと月の赤字…54520円

実収入が26万3718円なのに対し、実収入は20万9198円のため、毎月の不足額は5万4520円となります。この不足が老後の30年間続くとして計算すると

54520円×12カ月×30年=1962万7200円

つまり約2000万円となり、「老後2000万円が不足する」ということです。

しかし、これはあくまでも2017年のデータです。今からおよそ4年前のデータですので、少し古いといわざるを得ません。

そこで、最新版である2020年の「家計調査」のデータを見ていきましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

栄養士として病院や保育園に勤務した後、フリーのWEBライターとして独立。2級ファイナンシャル・プランニング技能士(FP2級)を独学で取得しており、主に金融ジャンルの記事を執筆しています。お金に関する知識や生活に役立つ情報を分かりやすく発信していきます。