70代以上の貯金・年金「みんなの平均、いくら?」

老後を見据えた「お金の準備」

今回は、70代以上世帯の年金と貯金事情を眺めてきました。あくまでも平均値としてご参考にしていただければと思います。

理想の老後のかたちは人それぞれ。よって、必要となるお金にも個人差・世帯差が生じるのは自然なことです。

とはいえ、人生100年時代が近づく今、ゆたかな気持ちで長生きするための「お金の準備」はマスト事項といえるでしょう。

リタイヤ後の早い段階で貯金を切り崩し始め、70代手前で老後破産まっしぐら、といった状況は避けたいものです。

資産運用は、運用期間を長くかければかけるほど、リスクが軽減しリターンが安定してきます。資産を雪だるま式に育てる、複利の効果が期待できます。

つまり、できるだけ早めのスタートが、資産運用のカギを握るといってもよいでしょう。

私たちとお金との付き合いは、生涯続きます。家計を管理し資産を守るスキルは、若い頃に身に付けておけば、一生の財産となるでしょう。

お金の悩みや疑問は、親しい友人にも打ち明けづらいものです。お金を効率よく増やしたい、ポートフォリオの見直しをしたい、といった相談ごとは、「お金のプロ」に頼ってみましょう。

ご自身のライフスタイルに合った、お金の育て方、守り方が見つかるきっかけになるかもしれません。

マネイロセミナー

参考資料

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。