つみたてNISAデビューの前に「知っておきたい3つのこと」

peterschreiber.media/shutterstock.com

これから資産運用を始めようと思われている方の多くが、「つみたてNISA」にご興味を持っていらっしゃるのではないでしょうか。

つみたてNISAは、個人の資産づくりを促しながら、家計の金融資産を「貯蓄から投資」へシフトさせる目的で作られた、国の税制優遇制度です。

「運用益にかかる税金が免除される」と聞けば、使わない手はないと思われる方も多くいらっしゃるでしょう。しかし、つみたてNISAを始める前に、いくつかのたいせつな点を理解しておくことが必要です。

続きを読む

そこで本日は、10年以上大手証券会社で勤務した経験のある私から、つみたてNISAデビュー前に、ぜひ知っておいていただきたいことを、3つ、お話ししてまいります。

つみたてNISAって、どんな制度?

そもそもつみたてNISAとはどのような制度なのでしょうか。

金融庁「つみたてNISAの概要」を参考にご紹介していきましょう。

2024年にNISAおよびつみたてNISAの制度変更が予定されているため、下記の内容は「2021年時点」での内容である点、ご注意ください。

つみたてNISA制度概要

  • 利用できる方:日本にお住まいの20歳以上の方(口座を開設する年の1月1日現在)ただし、つみたてNISAと一般NISAはどちらか一方を選択して利用可能
  • 非課税対象:一定の投資信託への投資から得られる分配金や譲渡益
  • 口座開設可能数:1人1口座
  • 非課税投資枠:新規投資額で毎年40万円が上限(非課税投資枠は20年間で最大800万円)
  • 非課税期間:最長20年間
  • 投資可能期間:2018年~2037年(※)
  • 投資対象商品:長期の積立・分散投資に適した一定の投資信託

※令和2年度の税制改正により、投資可能期間は5年延長され2042年までとなっています。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
佐藤 雄基

法政大学経営学部卒業後、大和証券株式会社に入社。国内外株式、債券、投資信託、保険商品の販売を通じ、個人、法人顧客向けの資産運用コンサルティング業務に約11年間従事する。大和証券退職後は、不動産ベンチャーのGA technologiesに入社。一貫して金融業界に携わり、豊富な金融知識を活かし、卓越した営業成績を残す。現在は、個人向け資産運用のサポート業務を行う。顧客のニーズを的確に判断し、専門的でありながらも、わかりやすいアドバイスが強み。AFP(Affiliated Financial Planner)、一種外務員資格(証券外務員一種)を保有。