中高年サラリーマンには無理? 働き方に「越境」が求められる時代に

copy URL

「越境」という言葉が働き方のキーワードとして注目を集めています。越境の意味をググると、“境界線や国境を越えること"と出てきます。自分が子供の頃は、“越境入学" “越境通学"なんて言葉がよく使われていました。最近では“越境飲み"でしょうか。あまり推奨はできませんが。

働き方における“越境"。なんとなくイメージはできるわけですが、その内容や背景を今回は詳しくみていきます。

越境は社外だけでなく、社内にもある

続きを読む

最近のネット記事で「NTTグループの総務・人事部長らが語った『越境活動の意義と期待』」というものがありました。

これは、NTTグループの有志団体「O-Den」が、今年(2021年)4月に開催した「【本業 × 複業】新たな働き方とキャリア形成 ~NTTグループ経営層と越境実践者が語る パラレルワーク最前線~」というオンラインイベントのレポートです。

いくつかの発言を紹介します。まずNTTデータの事例。

「2003年に整備された『プロフェッショナルCDP(Professional Career Development Program)』は、社員一人ひとりが専門性を向上するための仕組み。会社の中でどういったキャリアがあるのかを明確にし、社内で認定していく。認定の機会は年に2回あり、面談などを通じて行われる」

「社員としては自分がどういうキャリアを歩むことができるのかが見えるのと同時に、社内でどういう仕事の機会が得られるのかが分かる。越境は社外だけでなく、社内にもある」

やはり、大企業ですからね。“越境は社外だけでなく、社内にもある"という言葉は、大企業在籍の方には、うなずけると思います。

ちなみにNTTデータでは経験者採用にも力を入れており、現在、数百人単位で経験者採用を進めているとのことです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

東京都出身。元会社員。成蹊大学経済学部卒業後、バブル期に広告企画制作プロダクションのフロムガレージ(現DGグループの前身)に入社。その後、転職を繰り返しながら主にBtoB企業のプロモーション企画制作に従事。また編集プロダクションで書籍・ムックの編集・ライティングに携わる。近年では、LCA関連の環境ラベル「CFP(カーボーンフットプリント)」の制度試行事業(経産省)下での広報業務にも従事。最近は、フリーの編集者・ライターとして主にIT分野を中心に活動中。主な書籍関連実績:『高学歴貧困女子が読み解くピケティ』(責任編集/笠倉出版社)、『ロックの教科書』(共著/笠倉出版社)