中学受験の大誤算。経験者が語る「こんなはずじゃなかった」

子供が小学校4・5年生になると、周辺がそわそわしてくるのが中学受験をするかどうかという話題。近所や同じクラスの子の動向に、敏感になっている人も多いのではないでしょうか。

今回は、自身が中学受験をして痛い目にあった、子供が中学受験をして想定外のことが起きたなど、中学受験をした親子のエピソードを紹介します。経験者の声から、改めて中学受験について考えてみましょう。

念願かなって合格!からの燃え尽き症候群に

まず、現役の中学生を抱える保護者Oさん(39歳女性)から聞こえてきたのが、入学後の燃え尽き症候群問題です。

続きを読む

「小学校低学年のうちから受験をゴールに設定して、塾や家庭での学習に必死で取り組んできました。念願かなって志望校に合格したときは、成功体験をさせることができて、親としても安心していたのですが…」

万事順調なはずのOさん親子。その後の予想しなかった展開に困惑しているそうです。

「入学後、どうも成績が上がらず、次第に娘は『学校に行きたくない』と言い出したんです。詳しく聞いてみると、『これまでがんばる理由だった中学受験に合格し、もう何を目標にがんばればいいのかわからない。そもそも勉強は好きじゃない。ママが喜ぶからやっていただけ』と言われ、愕然としました。現在も学校には行けたり行けなかったりですが、せっかく入学したので、なんとか復帰してほしいと願うばかりです」

中学受験に合格することは、ゴールではなくスタートに過ぎません。しかし、特に親主導で中学受験した場合、子供にとっては合格することが最終目標になってしまい、その先も勉強し続けないといけないなんて聞いてない!という状況になることも。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

公立大学を卒業後、大手メーカーに9年間勤務。営業・営業事務として働きながら、結婚、出産、育休復帰からのフルタイム勤務を経験。自由な働き方を求めライターに転向後、「くらしとお金の経済 LIMO」「moneliy(マネリー)」など複数のウェブメディアで執筆中。