コロナ禍とVUCA(ブーカ)時代の転職。「人に聞くなよ、自分で考えろ」

コロナ禍の収束も、まだ当分、時間がかかりそうです。日本では、やっとワクチン接種が始まったばかりですからね。

コロナ禍では、いままで見えていなかったモノが見えてきたという側面があると思います。たとえば、日本の社会や政治の弱点。これは自分が働いている会社も同じではないでしょうか。そして弱点が見えたことで、転職を考えるようになったというケースもありそうです。

今回は、コロナ禍と転職の関連データや、注目のキーワードを見ていきます。

続きを読む

コロナで「転職に積極的になった」は約4割

まず、気になるのはコロナ禍で転職志向がどのくらい高まっているのか、ということですよね。孫子の兵法でも「彼を知り己を知れば百戦殆(あやう)からず」とありますから。

今年(2021年)3月にマイナビが「転職動向調査2021年版」の結果を発表しました。この調査は1月26日~2月1日、昨年転職した20代〜50代の正社員男女1,500名(男性982名、女性518名)を対象にインターネットで行われたものです。

新型コロナウイルスによる転職活動への影響では、36.9%が「転職に積極的になった(「やや」も含む)」と回答。特に、20代男性では51.2%と高い割合を示しました。

異業種への転職率は48.8%で、前年から微増。業種別にみると、前職の業種が「医療・福祉・介護」「IT・通信・インターネット」だった人は引き続き同業への転職が多い一方、前職の業種が「フードサービス」だった人の異業種への転職率は82.4%と、前年(56.9%)から25.5ポイントも増加しました。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

東京都出身。元会社員。成蹊大学経済学部卒業後、バブル期に広告企画制作プロダクションのフロムガレージ(現DGグループの前身)に入社。その後、転職を繰り返しながら主にBtoB企業のプロモーション企画制作に従事。また編集プロダクションで書籍・ムックの編集・ライティングに携わる。近年では、LCA関連の環境ラベル「CFP(カーボーンフットプリント)」の制度試行事業(経産省)下での広報業務にも従事。最近は、フリーの編集者・ライターとして主にIT分野を中心に活動中。主な書籍関連実績:『高学歴貧困女子が読み解くピケティ』(責任編集/笠倉出版社)、『ロックの教科書』(共著/笠倉出版社)