親世代とは大違い!? 20〜30代社会人の「貯蓄意識と理想の働き方」

copy URL

Z世代、ミレニアル世代の理想の働き方

次に、コロナ禍を経て働き方に変化が出たかを聞いたところ、「ある」「どちらかと言えばある」の合計は約半数の50.2%。

世代別では、Z世代で働き方の意識に変化ありと答えた人の割合は51.6%、ミレニアル世代は49.2%(「ある」と「どちらかと言えばある」の合計、以下同)と、世代に関係なく2人に1人は意識に変化が出たようです。

また、理想的な働き方を聞いたところ、約半数が「副業から収入を得る(49.2%)」と回答。次いで、「終身雇用(安定して長く働くこと)(28.8%)」「アーリーリタイア(不労所得のある早期退職)(21.8%)」という結果でした。

あわせて、副業から得たい理想的な金額も聞いたところ、本業にプラス10万円(中央値)となっています。

世代別で見てみると、「副業から収入を得る」「アーリーリタイア(不労所得のある早期退職)」「会社の所在地とは離れた地域に住む」では、それほど違いは見られません(図表3参照)。

一方、Z世代とミレニアル世代の間で違いが見られた項目もあります。まず「お金を貯めて独立」は、Z世代では副業に次ぐ2位、ミレニアル世代では4位。一方、「終身雇用(安定して働くこと)」ではミレニアル世代で2位、Z世代で3位で、ミレニアル世代の方が約10ポイント高くなっています。

図表3:理想的な働き方

拡大する

出所:「初任給」と「理想の働き方」に関する世代別の実態調査(松井証券株式会社)

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
  • 中野 令子
  • ファイナンシャルプランナー/コラムニスト

1級ファイナンシャル・プランニング技能士。大手証券会社で約17年勤務。個人と法人向けに金融商品の販売に従事。現在は家業を手伝うかたわら、資産運用や保険のコンサルを行う。毎日の生活の中にあるお金をテーマに「くらしとお金の経済メディア LIMO」に執筆するほか、「女性の老後のためのメディア ミュゲ」の監修者として活動中。難しくて敬遠しがちな金融のしくみについて、わかりやすく説明。プライベートでは2児の母として、奮闘する毎日。