【国民年金・厚生年金】繰上げ受給する人の割合は

bleakstar/shutterstock.com

「年金生活は65歳からスタート」

そう認識されている方は多いでしょう。確かに老齢年金の受給開始年齢は「原則65歳」です。

そして、受給資格を満たしている場合には、

  • 65歳より前に受給を始める「繰上げ受給」
  • 受給開始を遅くして受給額を増やせる「繰下げ受給」

という2つの制度により、受給開始時期を60歳以上70歳(※)の間で選ぶこともできます。

今回は、このうちの「繰上げ受給」についてお話していきます。

※この上限は、2022年4月以降、70歳(現行)から75歳に引き上げられます。(参考:厚生労働省「年金制度改正法(令和2年法律第40号)が成立しました」

続きを読む

年金のキホンと「繰下げ受給」のしくみ

「繰上げ受給って何?」という方のために、ちょっとややこしい年金制度の基本からおさらいしましょう。

年金制度は「2階建て」

「2階建て」構造などと呼ばれる日本の年金制度は、「国民年金」「厚生年金」から成り立ちます。

1階部分「国民年金」・・・日本に住む20歳以上60歳未満の全員に加入義務
2階部分「厚生年金」・・・公務員や会社員などが「国民年金」に上乗せして加入

そして、老後に受け取れる年金は下記のようになります。

厚生年金に加入していた人・・・「老齢基礎年金」+「老齢厚生年金」
国民年金だけに加入していた人・・・「老齢基礎年金」

年金の「繰上げ受給」とは

これらの老齢年金の受給スタートは冒頭で触れたように「原則65歳」から。そして今回扱う「繰上げ受給」は、それを前倒しにして「早くもらい始める」しくみです。希望すれば60歳から64歳までの間に受給をスタートすることができます。

ただし、前倒しした月数に応じて受給額が減ります。

例えば「60歳で定年退職後、65歳の年金スタートまでの生活が厳しい・・・」といったような場合には、選択肢の一つとして検討される人もいらっしゃるでしょう。

早く年金生活がスタートできるかわりに、「繰上げ受給」にはいくつかのデメリットがありますので注意が必要です。

次でじっくりと見ていきましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。