フェミニズムが嫌になる? なぜ「ツイフェミ」は批判されるのか

フェミニズムとは、女性の社会地位向上、女性の権利を守る思想、及び、それに基づく行動のこと。目指すのは「すべての性が平等な権利を持つ社会」です。

フェミニズムこそがすべての人たちの総意であり、理想である…と言いたいところですが、「フェミニズムって、なんだか不愉快」「フェミニズムは不要」だと主張している女性も少なくありません。

確かに最近は、フェミニズムには好意的な筆者も「それはちょっと行き過ぎでは…」と思う主張も散見されます。果たして、行き過ぎたフェミニズムで幸せになるのは、いったい誰なのでしょうか?

続きを読む

それって本当に「フェミニズム」なの?

近年では「#Metoo運動」から始まり、「#Kutoo」運動が世界中に広がったり、『82年生まれ、キム・ジヨン』がベストセラーになったり、現在はSNSを中心にフェミニズムが盛り上がりを見せています。

確かに、「女性だから」という理由だけで仕事のチャンスが得られなかったり、不当な扱いを受けたり、望んでいない「女性らしさ」を押し付けられるべきではない、と筆者も思います。その意味では、筆者も「フェミニズム」には大いに賛成です。

しかし、その一方で、アニメのキャラクターを採用した献血ポスターが「バストを強調しすぎている」という理由で献血ボイコット運動を展開する。「妻」ではなく「嫁」とすることが「不適切な表現である」と炎上する。「お母さん食堂」というネーミングに傷ついたとクレームをつける…。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

大学卒業後、広告代理店に勤務。結婚、出産を経てライターに転職。以来、自らの妊娠中や子育て期間の経験をもとに、複数のメディアで「子育て」「生活」「人間関係」「ライフハック」に関するコラムを執筆中。