60代世帯「本当の貯金額」いまどきの平均はいくらか

Africa Studio/shutterstock.com

「のんびり年金生活をスタートさせたい」「長く働き続けたい」

私たちの多くにとって、60代は大きくライフスタイルが変化する節目の時期であるといえるでしょう。

2021年4月に改正高年齢者雇用安定法がスタートし、はたらく側が希望すれば70歳まで雇用する機会を確保することが企業に努力義務として課されるようになりました。

また、既に2020年には在職老齢年金の支給停止基準額が引き上げられるなど、シニア世代が働き続けることを後押しする制度が整いつつあります。

続きを読む

とはいえ、60代以降に延長雇用・再雇用・再就職、いずれを選んだ場合も、ご自身の現役世代よりも収入が上がることはかなり希なケースと考えたほうがよさそうです。

今回は『60代世帯「本当の貯金額」いまどきの平均はいくらか』と題して、還暦世代の貯蓄額にフォーカスしていきます。

60代世帯の貯蓄額はどのくらいか

まず、60代世帯のお金事情をながめるまえに、金融広報中央委員会が公表した、最新版「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査]令和2年(2020年)調査結果」から、金融資産保有額(全ての世代)を知っておきましょう。

金融資産保有額(20歳代~70歳以上)

平均値・・・1436万円
中央値・・・650万円

※金融資産非保有世帯を含む

では、ここからは60代のお金事情について深掘りしていきます。

60代・二人以上世帯の貯蓄はどのくらいか

60代・二人以上世帯の金融資産保有額は以下の通りです。

平均値・・・1745万円
中央値・・・875万円

※金融資産非保有世帯を含む

では、この平均額1745万円を、60代はどのように管理・保有しているのでしょうか。

60代・二人以上世帯の「種類別金融商品保有額」

金融資産保有額・・・1745万円
預貯金(うち運用または将来の備え)・・・959 万円

  • うち定期性預貯金・・・585 万円

金銭信託・・・5万円
生命保険・・・286万円
損害保険・・・39万円
個人年金保険・・・134万円
債券・・・45万円
株式・・・144万円
投資信託・・・96万円
財形貯蓄・・・27万円
その他金融商品・・・11万円

60代の金融資産のほぼ半分を預貯金(約55%)が占めており、ついで生命保険(約16%)、株式(約8%)、個人年金保険(約8%)の順になっています。

次は「どのくらいの貯蓄額」を「どのくらいの割合の人が」持っているか、その分布をみていきましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。