60代世帯「本当の貯金額」いまどきの平均はいくらか

60代の金融資産保有額の分布

ここからは、同資料より、60代二人以上世帯の金融資産保有額の分布をみていきます。のちほど触れますが「かたより」に注意してご覧ください。

  • 金融資産非保有・・・18.3 %
  • 100万円未満・・・3.5 %
  • 100万円~200万円未満・・・4.0 %
  • 200万円~300万円未満・・・4.0 %
  • 300万円~400万円未満・・・3.3 %
  • 400万円~500万円未満・・・4.0 %
  • 500万円~700万円未満・・・5.3 %
  • 700万円~1000万円未満・・・7.5 %
  • 1000万円~1500万円未満・・・7.5 %
  • 1500万円~2000万円未満・・・6.3%
  • 2000万円~3000万円未満・・・13.3%
  • 3000万円以上・・・19.6 %
  • 無回答・・・3.3%

金融資産保有額100万円未満の世帯が21.8%いる一方で、3000万円以上保有している世帯が19.6%存在する、いわゆる「老老格差」ともよべる二極化が起きています。

「いくら貯蓄があっても、借金があれば意味がないのでは?」なんて思われた方もいらっしゃるでしょう。同調査では「借入金」についてもたずねています。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。