60代世帯「本当の貯金額」いまどきの平均はいくらか

60代世帯「本当の貯蓄額」はどのくらい?

ここからは、60代の「金融資産保有額」から「借入額」を差し引いた、「純貯蓄額」、つまり本当の貯蓄額をみていきます。

60代の金融資産額から借入額を差し引いた、「純貯蓄額=本当の貯蓄額」の平均は

平均:1745万円―205万円=1540万円

ここではご参考までに、全ての世代の純貯蓄額についても触れておきますね。

全世代平均・・・1436万円ー671万円=765万円
20歳代・・・292万円ー191万円=101万円
30歳代・・・平均591万円ー1460万円=マイナス869万円
40歳代・・・平均1012万円ー1325万円=マイナス313万円
50歳代・・・平均1684万円ー729万円=955万円
60歳代・・・平均1745万円205万円=1540万円
70歳以上・・・平均1786万円ー187万円=1599万円

これをご覧いただくと、60代は、貯蓄額から負債額を差し引いた「純貯蓄額(本当の貯蓄額)」の平均が大幅に上がる世代であることが分かりました。

さいごに

今回は60代の貯金事情についてながめてきました。

住宅ローンや子育て費用が一段落つき、定年退職金としてまとまった収入を得る人も増える60代。

純貯蓄額も順調に上がり、平均値だけを見ると、貯蓄の成果を実感している家庭が多いようにもうかがえます。

その一方で、同じ60代の中でも世帯によって大きな貯蓄格差があることも確か。

各世帯の貯蓄額は収入、家族構成、そして退職金の有無などに左右されるといってよいでしょう。

とはいえ、60代時点の貯蓄状況についていえば、若いころからの資金形成への意識の差も、ある程度影響していることはあながち間違いではないかと思います。

長い老後を見据えた資産運用は、できるだけ早めにスタートされることをおすすめします。

「お金を増やすってなんだか怖い」「預貯金以外の金融商品って難しそうで敷居が高い」

そんなお悩みがある方は、ぜひ資産運用のプロフェッショナルのアドバイスを受けてみるとよいでしょう。

OneMile セミナー

参考資料

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。