「貯蓄2000万円」毎月いくら貯めれば老後に間に合うか

An_Star/shutterstock.com

2019年に金融庁が発表した報告書が発端となった「老後2000万円問題」。

老後までに2000万円の資金を貯める必要があると話題になり、「そんなの無理…」と悲観した方も多いのではないでしょうか。

確かに、2000万円は果てしない金額のように思えますが、効率良く貯める方法を身に付ければ、老後までにこの金額を貯めることが不可能ではないかもしれません。

この記事では、老後までに2000万円を用意するには、月いくら貯めていく必要があるのか、効率的に老後資金を増やすための方法について解説します。

続きを読む

「老後2000万円問題」とは

冒頭でも触れた「老後2000万円問題」。これは公的年金のみで暮らす夫婦世帯の場合、毎月家計に約5万円の不足が生じるため、老後20~30年で約1300万円~2000万円の老後資金が必要になるというものです。

この数字はあくまでも平均的な世帯収入・世帯支出からざっくりと導き出されたものであり、実際には人によって必要な老後資金の額は異なります。

しかし、人生100年時代が迫りくるこんにち、老後を安心して暮らすためには多くの資金が必要になることは間違いありません。

今回は、目標を分かりやすくこの「2000万円」として月々の貯金額を考えてみました。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

栄養士として病院や保育園に勤務した後、フリーのWEBライターとして独立。2級ファイナンシャル・プランニング技能士(FP2級)を独学で取得しており、主に金融ジャンルの記事を執筆しています。お金に関する知識や生活に役立つ情報を分かりやすく発信していきます。Twitter:まきあん