定年60代、貯金2000万円で本当に足りるか

老後2000万円問題を振り返る

老後資金が大きな話題となったのは、老後2000万円問題がきっかけです。

2000万円は大金ですが、本当に2000万円で足りるのでしょうか。検証してみましょう。

老後2000万円問題は、金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書「高齢社会における資産形成・管理」に端を発します。

「2000万円足りない」という結論は、夫65歳以上、妻60歳以上の無職の高齢夫婦世帯(モデル世帯)の収支を計算して導かれています。

同資料内の「第 21 回市場ワーキング・グループ 厚生労働省資料」によれば、この世帯の毎月の収支は、以下のとおりです。

  • 収入・・・約20万9198円
  • 支出・・・約26万3718万円

このモデルケースの赤字分は月約5.5万円になることから、赤字分を年間計算し、老後が約30年間続いたと仮定して計算します。

  • 5.5万円×12ヶ月×30年=1980万円

こうして、2000万円という金額が算出されたのです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
森重 由里子

学習院女子大学卒。卒業後は地方局のアナウンサーとして活躍。結婚、子育てを経て、未経験ながらも金融業界に転職。前職のオリックス生命保険では優秀な成績を収め、数々の賞を受賞。マネージャーに昇格後は部下の育成にも携わる。現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポート業務を行う。一種外務員資格(証券外務員一種)などを保有。