スシロー、競合尻目に好調・拡大路線。コロナでも自信満々のワケ

営業時間の短縮や人々の外食自粛が長期化し、コロナ禍からの回復のメドが立たない飲食業界。回転寿司チェーンは比較的ダメージが少ない業態ですが、チェーンごとの明暗はしだいにはっきりしてきました。

なんといっても好調なのはスシロー。2回目の緊急事態宣言が出された1月以降も、全店売上高は前年を下回ることなく推移しています。

スシローを展開するスシローグローバルホールディングス改め、FOOD & LIFE COMPANIES(4月1日付で社名変更)の業績も、2020年9月期は過去最高の売上高で増収を記録し、直近の2021年9月期 第1四半期(2020年10〜12月)は利益面でも増益となりました。

続きを読む

積極的な出店に加え、4月には吉野家ホールディングス(9861)の傘下にあった「京樽」を子会社化するなど、拡大路線を継続中です。その自信の背後には、どのような戦略があるのでしょうか。

寿司チェーン業界でトップの存在感

上場企業が経営する寿司チェーンといえば、スシロー、くら寿司、かっぱ寿司(カッパ・クリエイト)が主要3社と言えるでしょう。

コロナ下での売上げ動向を比べてみると、くら寿司は『鬼滅の刃』コラボや「Go To イート」の追い風で昨年10・11月は絶好調だったものの、“第3波”の頃から勢いがなくなり、今年に入ってからは全店売上高が前年比9割ほどに。かっぱ寿司も年明けから低調となり、2月は前年の8.5割程度となっています。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

化学メーカー勤務の研究開発職。総合化学専攻 修士。平日は研究に没頭し、休日は資格を活かした副業と株式投資を行う。「くらしとお金の経済メディア LIMO」「株の窓口」に寄稿。ファイナンシャルプランナー2級、簿記2級。株式投資歴6年、趣味は街歩きと読書。