「会社辞めてフリーランスに」老後の年金どうなるか

Nattapol_Sritongcom/shuttertstock.com

「好きなことを仕事にしたい」「さらなる収入アップを目指したい」といった理由から、「会社を辞めて独立しよう」と考えている人も多いのではないでしょうか。

「会社員」から「フリーランス」や「自営業」という就業形態に変わる場合、現役時代の収入だけではなく、老後に受け取る年金も少なからず影響を受けることになります。

今回は、『「会社辞めてフリーランスに」老後の年金はどうなるか』と題し、働き方と年金の関係についておさらいしていきます。

続きを読む

フリーランス・自営業者が加入する「国民年金」の受給額

まずは、自営業やフリーランスの人などが加入する「国民年金」の平均年金月額をみてみましょう。

厚生労働省の「令和元年(2019年)度 厚生年金保険・国民年金事業の概況」では、国民年金・老齢年金の年金月額階級別受給権者数と年金月額を、以下のように示しています。

国民年金・老齢年金の年金月額階級別受給権者数(男女計)

  • 7万円~:182万2000人
  • 6~7万円:1448万1000人
  • 5~6万円:766万6000人
  • 4~5万円:470万6000人
  • 3~4万円:297万人
  • 2~3万円:96万2000人
  • 1~2万円:30万5000人
  • ~1万円:7万9000人

国民年金・老齢年金は、男子の平均が5万8866円、女性の平均が5万3699円となっています。

この年金収入だけでは、老後の生活費すべてをまかなうことは厳しいと考えられます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。