厚生年金「高額受給者層」現役時代の稼ぎを推測してみた

Hoowy/shutterstock.com

老後のお金のこと、気になりますよね。

その中でも「年金をどのくらいもらえそうか」という点は、みんなの共通の関心事ではないかと思います。

厚生労働省の「令和元年(2019年)度 厚生年金保険・国民年金事業の概況」では、「厚生年金保険(第1号)の老齢年金の年金月額階級別受給権者数令和元年度(速報版)」として、受給権者数と年金月額を以下のように示しています。

  • 【国民年金】平均年金月額…5万5946円(うち男性5万8666円、女性5万3699円)
  • 【厚生年金】平均年金月額…14万4268円(うち男子16万4770円、女子10万3159円)

「老後は年金で乗り切るつもり」などと考えていた場合、意外に少なくて驚くかもしれませんね。ただし、これはあくまでも平均的な金額です。実際の年金額には個人差があり、なかでも現役世代の収入に左右される厚生年金の年金月額には当然個人差があります。

続きを読む

では、厚生年金を多くもらっている層の人々は、現役時代どのくらいの収入を得ていたと考えられそうでしょうか。

今回は、『厚生年金「高額受給者層」現役時代の稼ぎを推測してみた』と題して、厚生年金と現役時代の収入の関係について探っていきます。

厚生年金の「受給額」の分布

先ほどお伝えしたように、厚生年金の平均年金月額は約14万円でした。

ここで、人によってどれほどの差があるのかもみていきましょう。厚生年金保険(第1号)受給権者の老齢年金の平均年金月額(男女)の分布は、以下の通りです。

老齢年金の月額分布:厚生年金保険 第1号(男女)

  • 30万円~:1万8000人
  • 29~30万円:1万2000人
  • 28~29万円:2万5000人
  • 27~28万円:4万8000人
  • 26~27万円:8万人
  • 25~26万円:12万8000人
  • 24~25万円:20万人
  • 23~24万円:29万6000人
  • 22~23万円:43万人
  • 21~22万円:60万8000人
  • 20~21万円:77万8000人
  • 19~20万円:90万6000人
  • 18~19万円:97万7000人
  • 17~18万円:100万4000人
  • 16~17万円:97万2000人
  • 15~16万円:92万3000人
  • 14~15万円:89万3000人⇐平均年金月額
  • 13~14万円:88万1000人
  • 12~13万円:91万3000人
  • 11~12万円:100万2000人
  • 10~11万円:110万7000人
  • 9~10万円:112万4000人
  • 8~9万円:94万1000人
  • 7~8万円:68万7000人
  • 6~7万円:39万1000人
  • 5~6万円:17万4000人
  • 4~5万円:13万人
  • 3~4万円:12万4000人
  • 2~3万円:7万2000人
  • 1~2万円:2万1000人
  • ~1万円:11万9000人

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。