「カルディにベビーカー」論争、うっかりつぶやけない空気が怖い

公共の交通機関やスーパー、レストランなどでベビーカーを巡るトラブルが頻発したことから起こった「ベビーカー論争」。混雑した電車内にベビーカーで乗り込むのは是か非か?が話題になったのは記憶に新しいところ。

これまでも幾度となく繰り広げられてきた、この正解の見えない論争、またもや新たな火種が発生したようです。

ママの何気ないつぶやきに批判の声が殺到

新たなベビーカー論争のきっかけは、とある何気ないツイートでした。

続きを読む

「ベビーカーで入りやすいカルディがあったら便利なのにな〜」

これに対して、さまざまな批判の声があがりました。主な批判の内容は以下の通り。

「店のコンセプトが変わってしまう。とんだクレーマーだ」

「ならベビーカーではなく抱っこ紐で出かければいい。どれだけ自分たちの都合ばかり訴えるのか」

「店内でゆっくり商品を選びたいのに、ベビーカーが入ってこられると邪魔。そもそも子供や母親をターゲットにした店ではない」

「何でもかんでもベビーカー向けにしないと気が済まないの? 世の中には子供嫌いの人だっているのに」

などなど…。まとめると「店のコンセプトを変えさせようとするなんて何様だ」「ただでさえ狭いところでも割り込んでくるベビーカーがどれだけ邪魔な存在かを自覚するべき」といったところでしょうか。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

大学卒業後、広告代理店に勤務。結婚、出産を経てライターに転職。以来、自らの妊娠中や子育て期間の経験をもとに、複数のメディアで「子育て」「生活」「人間関係」「ライフハック」に関するコラムを執筆中。