ガチで1千万円必要? 大学卒業までの総教育費と毎月の積立額

人材募集で「学歴不問」を掲げている企業が話題になることがあります。それでもやはり「学歴はないよりもあった方が良い」という風潮は根強く残っているものです。将来のためにも、自分の子どもには大学を出てほしいと願う親も少なくありません。

言うまでもなく、子どもを大学まで出すにはまとまったお金が必要です。しかし、子どもがまだ小さいうちは「大学はまだ先」と、教育費の貯蓄を後回しにしてしまうこともあるでしょう。

今回は、全国に展開する個別指導の学習塾「明光義塾」が2017年に実施したアンケート結果と、日本政策金融公庫が2020年10月に発表した高校入学から大学卒業までにかかる費用のデータから、教育費について考えます。

続きを読む

親が考える総教育費はどのくらい?

明光義塾のアンケート(注1)は、子どもの属する学校を国公立、私立に分類。さらに、それぞれを小学4〜6年生、中学生、高校生の合計6グループに分けています。

(注1)対象:全国の小学4年生から高校3年生の子を持つ保護者、有効回答数:702人

「お子さんの大学までの総教育費はいくら必要だと考えていますか?」(学校に支払う学費、学習塾に通う費用、参考書、模擬試験など勉強に関する費用)という問いに対し、必要額を1千万円以上の金額で回答したのは、国公立の小学生の保護者で26.5%、私立で25%と、ともに全体の4分の1以上。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

公立大学を卒業後、大手学習塾で講師を6年間務める。塾講師と自らの子育ての経験を元に教育関連の記事を執筆するほか、個人ブログ「透明教育ママ見参!!」やYouTubeチャンネル「透明教育ママ 中山まち子」で情報発信をしている。「くらしとお金の経済メディアLIMO」のほか、「アーバン ライフ メトロ」「アクセス進学」に連載中。