コロナ対応で社員を失望させる会社、感謝される職場の違い

StreetVJ / Shutterstock.com

新型コロナウイルスの感染拡大で、世の中が一気に変わったと感じる人は多いと思います。職場に関することでも、テレワークに移行したり、今までは当たり前のように楽しめていた飲み会や会食がタブー視されるようになったり。今回は、このコロナ禍で会社が見せた本性に失望した人と会社を見直したという人に話を聞いてみました。

「在宅勤務はサボるからナシ」と断言した社長

印刷会社に勤務する30代のAさんは、「テレワークが推進されている中、『在宅勤務なんてみんなサボるだろう、ナシだナシ。甘いことを言うな』と朝礼で言い放った社長の姿を見てもうガッカリ」と話します。

続きを読む

在宅勤務は社員の安全を守るため、そして感染を拡大させないためにも大事なことです。それなのに「在宅勤務になったら社員はサボるだろう」という社長の思い込みで、在宅勤務ができないという状況にAさんは失望したと言います。

「サボるなんて思っているのは社長だけ。みんな休憩もゆっくり取れないほど忙しく働いていて、在宅勤務になってもそれは変わらないはず。サボっている暇なんて本当にない。それなのに、社長にとって私たちは在宅勤務になったらサボるような人間に見えているんだと思うと虚しい」と続けます。

「どうしてそんな風に思われるようになってしまったんだろうって、現場の苦労を思うと本当に暗い気持ちになった」とため息をつくAさん。たしかに会社から信頼されていないのだと思うと悲しくなりますよね。

コロナ感染者に対する会社の行き過ぎた対応に愕然

「もはや度が過ぎていてコロナハラスメント。普通ならこんなセンシティブな情報は本当に必要な人にだけ知らせるにとどめるべきだし、陰性が確認できた後に隔離したりするのはNGなのでは」と憤るのは、人材サービス系企業に勤める30代のBさんです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
  • 大塚 ちえ
  • コラムニスト/ファイナンシャルプランナー

AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)資格保有。新卒から一貫して証券会社に勤務し、国内株やFX、CFD、先物・オプションなどデリバティブ商品の営業企画に従事。スポーツと音楽が趣味。金融機関勤めで得た知識と経験で、貯金・節約から投資までお金に関する悩みに向き合う。「くらしとお金の経済メディア LIMO」のほか、「Mocha」「DRESS」「CHANTO WEB」などに執筆。