「失敗した…」転職した職場でやってはいけないNG行動5選

metamorworks/shutterstock.com

まもなく新年度を迎える時期、この春から新しい職場に勤める人もいるでしょう。しかし転職後、新しい会社になじめるか不安に思う人は少なくありません。職場での人間関係がうまくいかず、悩んだり再度転職を考えたりするケースは多いものです。

筆者自身もこれまで4回転職したことがあり、その度に新たな環境に緊張し、いくつかの失敗を経験してきました。今振り返れば「あの時こうしておけば良かったかも」と思うこともあります。そんな自身の経験も踏まえ、この記事では新しい職場でやってはいけないNG行動を5つお伝えします。

続きを読む

NG行動【1】「前の会社は…」と話をしたがる

転職先での代表的なNG例は、つい「前の会社は」と口にしてしまうことです。今の職場と比較したり、前職での思い出話や自慢話をしたりと、聞く方もあまりいい気分ではありません。

たとえそれが相手のために話を共有したつもりでも、特に求められていない場面では周りの反感を買ってしまうこともあります。「そんなに前の職場が好きならどうして転職してきたの?」と思われる可能性さえあるでしょう。

筆者自身もまさにこのような失敗を経験したことがあります。参考になればと会議で発言したのですが、その場の雰囲気を壊してしまい、後から謝りに行ったことがありました。さすがにあの時は反省し「聞かれた時には話す」くらいの姿勢で良いと心に誓ったものです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

筑波大学人文学類・言語学専攻卒。東京都在住、一児の母。㈱リクルート、化粧品メーカーなどを経て、2012年より色彩関連会社に勤務。子育てと仕事を両立できる働き方を模索し、現在はフリーランスの編集ライターとしても活動中。子ども優先・無理しない働き方を軸に『ゆとりのある複業』を実践している。そんな自身の経験から、働き方やキャリアの分野を中心に執筆中。その他得意ジャンルは、暮らし、子育て、美容など。
Twitter:ちゃき|Misaki.T
note:ちゃき|Misaki.T
日経×woman Terrace:田原未沙記