「60代で貯蓄がない世帯」はどの程度いるのか

「60代で資産が増える」とは言い切れない

さて、60代世帯の貯蓄額データを眺めたところで、はたらきざかりの現役世代が知っておきたいデータをご紹介していきます。

金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査] 令和元年調査結果」によると、60代における「前年度と比較した資産の増減」に関する調査結果は、以下の通りとなっています。

  • 増えた・・・13.7%
  • 変わらない・・・48.3%
  • 減った・・・32.9%
  • 無回答・・・5%

約半数が「変わらない」と答えている一方、「減った」の割合は「増えた」の2倍以上となっています。退職金や年金を手にする人が多い世代であるにも関わらず資産が減る理由とは…。

資産が「減った」理由 トップ3

  • 定例的な収入が減ったので金融資産を取り崩したから・・・53.2%
  • 耐久消費財(自動車、家具、家電等)購入費用の支出があったから・・・31.2%
  • 株式、債券価格の低下により、これらの評価額が減少したから・・・23.1%

「資産が減った」と答えた世帯の約半数が、定期的な収入がなくなった・減った、といった事情で、金融資産の切り崩しをしていることが分かります。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。