YouTubeを見た子供から高額品のおねだり。ママが「OK」した理由

新型コロナの流行で、おうち時間が増えたのは大人だけではなく子供も同じ。家にいる間の子供の楽しみは、もっぱらYouTube!という家庭も多いのではないでしょうか。

今回ご紹介するのは、YouTubeを子供に見せていたところ、思わぬところで家計に響いたという家族のお話。子供にYouTubeを見せている家庭にとっては、明日は我が身!?なエピソードから、子供とのルール作りや子供にお金について教えることの必要性について考えていきます。

続きを読む

おうち時間を平和に…YouTubeが大活躍!

都内に住むHさん(35歳・女性)は、8歳と6歳の女の子のママ。普段は営業事務として働いていましたが、新型コロナの流行を機にライフスタイルに大きな変化があったと言います。

「コロナの流行で夫と私が在宅ワークになった時期と、子供の小学校が休校になった時期が重なり、家の中はもう地獄のようでした。退屈してイライラをぶつけてくる子供たちと、なんとか静かにさせて仕事をしたい夫と私……。限界を感じて、それまであまり見せていなかったYouTubeを見せるようになったんです。一度YouTubeを与えると、嘘のように画面に集中して静かにしている子供たちを見て、びっくりしました。それと同時に、YouTubeがある時代でよかった……と思いましたね」

YouTubeの力を借りて、なんとか在宅勤務ができる環境を整えたHさん。思うように外出できない日々も、YouTubeがあったから乗り越えられたと教えてくれました。

「誕生日プレゼントにはこれ!」想定外の高額品に驚愕

子供がYouTubeを見始めてから、数か月。Hさんの長女の誕生日が近づいてきました。誕生日プレゼントは何がいいか聞いてみると、思いもよらないものをリクエストされたそうです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

公立大学を卒業後、大手メーカーに9年間勤務。営業・営業事務として働きながら、結婚、出産、育休復帰からのフルタイム勤務を経験。自由な働き方を求めライターに転向後、「くらしとお金の経済 LIMO」「moneliy(マネリー)」など複数のウェブメディアで執筆中。