会社員の退職金「大卒と高卒で800万円も違う」は本当か

Aleksei Morozov/iStock

ひと昔前までは老後と聞けば、「退職金と年金でなんとか生活できるのでは?」と考えていた方も多かったと思います。

最近では「老後2000万円問題」のこともあってか、退職金と年金だけで老後を過ごすことに不安を感じている方が多いようです。

私自身、これまで資産形成のアドバイザーとして多くのお客様のファイナンシャル・プランニングを担当させて頂きました。

多くのお客様が老後に対して不安を抱えており、自分が受け取る退職金について質問をされる方が非常に多い印象です。

続きを読む

そこで今回は、会社員の退職金はいくらもらえるのかについて見ていきたいと思います。

会社員の退職金、大卒と高卒で違いはあるのか

実は、ひと口に「会社員の退職金」といっても、勤続年数と最終学歴によって受け取る退職金に違いが出てきます。

厚生労働省の「平成30年就労条件総合調査 結果の概要(一時金・年金)の支給実態」による、最終学歴別の退職者一人平均退職給付額は下記のとおりです。

<大学・大学院卒(管理・事務・技術職)>

  • 定年:1983万円
  • 会社都合:2156万円
  • 自己都合:1519万円
  • 早期優遇:2326万円

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
  • 鶴田 綾
  • ファイナンシャルアドバイザー

福岡女学院大学卒。卒業後まもなく渡米、1年の留学生活の後、日本郵便株式会社にてリテール営業に従事。特に生命保険の販売では商品分析を得意とし、豊富な商品知識を持つ。お金の悩みに徹底的に寄り添う姿勢で顧客からの信頼も厚い。現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポート業務を行う。一種外務員資格(証券外務員一種)などを保有。