【THE 半沢直樹世代】定年前の50代へ「後悔しない老後の資産運用」

Aleksei Morozov/iStock

現在、年齢が50代の人は「バブル世代」と呼ばれることがあります。

一世を風靡した伝説のテレビドラマ「半沢直樹」では、バブル世代の銀行員である主人公が会社と果敢に戦う姿が描かれ、大変話題となりました。

「バブル世代」は、苦労をせずに会社に入れたラッキーな世代という描き方をされることがありますが、実際は決してそうではありません。

バブル崩壊後の日本の停滞する経済環境の中で荒波にもまれ、家庭を持ち、子育てをし、社会と戦ってきたのが今の50代です。

続きを読む

私は大学卒業後、信用金庫での勤務経験があり、FPの資格を持つファイナンシャルアドバイザーとして、多くの方のファイナンシャルプランニングに関わってきました。

そこで今回は、定年前の50代に向けて「後悔しない老後の資産運用」について見ていきたいと思います。

定年前の50代のお金事情

それでは、最初に定年前50代のお金事情についてみてみたいと思います。

金融広報中央委員会実施の「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](令和元年)」の結果によると、金融資産保有世帯における50代の平均貯蓄額と中央値は以下の通りです。

  • 平均貯蓄額:1574万円
  • 中央値:1000万円

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
谷口 裕梨

同志社大学卒。大学卒業後、京都中央信用金庫で投資信託や生命保険などを活用した資産運用アドバイス、相続相談、融資、為替業務などに従事。その後は福知山市役所で主に中小企業支援などに携わる。現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポート業務を行う。2級ファイナンシャル・プランニング技能士(FP2級)、一種外務員資格(証券外務員一種)などを保有。